ドル円分析と戦略 [20.01.22]

最近、ちょっと勢いトレードというか欲張りトレードというか、まああまり良くなかったので今回は狙いすましたトレードをするためのチャート考察をしたいと思います。
お時間のある方はお付き合いいただけると幸いです。

5分足

現状、このような感じ。
ダブルトップで下げてるような場面です。
この2番目のトップ近くでこのようなtweetをしました。

これは間違いだったかというと、そうではないと考えています。つまり現在も上目線です。
「様子見」としたのはこのダブルトップつけての下げがあると思ったからです。
ではなぜ下げで入らないのか。
大きな足を見てみましょう。

大きな足とその方向

まずは週足なのですが、上昇中で移動平均線のステージも1stに行こうとしているところ。
ただ、まだ1stステージではないので中立よりやや上目線といったところ。

次に日足。
前日の下げでだいぶ下げたと思いきや、ステージ的には1st継続中。下げも一時の調整と見られます。
引き続き上を狙ってる形に見えます。

4時間足です。
2ndステージに入りましたが切り返しそう。
ただ、三尊を作りに行ってるようにも見えるので下げ方には注意したいところです。

1時間足です。
揉み合いですが、ここから上げれば逆三尊の形となり、上昇がありそうです。

現状と戦略

再び5分足です。
大きな足を見てみると上にエッジがあるような形と見ています。
この大きな流れに逆らったところを取りに行こうとすると、1回2回は取れてもその後調子に乗ってつかまることが多いです。
逆に大きな足に乗れていれば、一時的に逆行しても戻ってくることが多いので安心です。
ただ、高値付近なのでトレンド転換の下げには注意しましょう。

という考えだったのでショートは持ちたくなかったというところです。

現在上目線ではありますが、1時間足、4時間足に少し不安要素はありました。
これらの時間足で1stステージになり、さらに5分は一旦の下げから1stになれば積極的に買っていきたいです。

まあドル円は揉み合いが続くのでなかなかそのようなチャンスがないので、今後他通貨ペアも分析していきたいと思います。
マイナー通貨は多分やりませんw

では、ご清覧ありがとうございます。
皆様に爆益を。

コメント

  1. takuya コメント

    ちなみに、現段階では109.70を下抜けすると、上目線のままではちょいと危ないかなと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です