ドル円振り返りと今後【2019.10.24-25】

皆さま、今週のトレードはいかがだったでしょうか?
ドル円に関してはほとんど動かなかったですね。僕はロング抱えたままノートレードでフィニッシュでした。
そんな中でも予測は立てていて、twitterに上げてました。その検証をしていきます。


振り返り

まずはtwitterです。
こんな↓tweetを24日(木)18:00くらいにしました。

だいたいその時のチャートは縦の点線が走っているところです。
ようやく108.70越えるかってとこでした。
上値目処を108.90にしたのは10月高値がその辺というのが理由です。

上げられずに下降というシナリオも立てていました。tweet後半部分です。
根拠はフィボナッチ。
※画像のフィボナッチはその後の展開により当時のものよりも上に伸びてます。

その後、実際は下降シナリオで展開。
想定よりもみ合いはなく一方的に下落。指標に下押しエネルギーをもらった形。

結構強めに下げてるように見えましたが、108.50は硬いかなと思ったので↑のtweetをしました。21:00頃。

108.50が硬いと思ったのは1時間短期フィボナッチと、週足の長期フィボナッチの真ん中がほぼ108.50だからです。

案の定108.50で反発し、もみ合いに入りました。
その後はひたすらもみ合い、金曜の深夜にわずかな上抜け上昇を見せるも戻して取引時間終了となりました。

今後のドル円と戦略

週足です。
僕のパラメータではEMA短期が長期を上回り、5thステージに入ったところです。フィボナッチも0.5(108.423)の上で引けているので、下降の終わりと考えています。


続いて日足。
1stステージ、EMAも3本とも上向いているので上昇目線です。下はフィボナッチ0.236(107.879)抜けに注意。
上は108.939上抜けた場合109.30あたりまではありそう。

1時間足。
108.20〜108.70のレンジが続いています。
どちらかをはっきり抜けることで動き出すでしょうか。
下は108.14、上は108.93あたりを目処に動いてくるように見えます。


途中でてくる専門用語の解説もいずれやっていきたいと思います。
質問等ございましたらお気軽にどうぞ。僕の分かる範囲でお答えいたします。

 

ではまた来週もルールを守って頑張りましょう!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です